母音音素とは   母音字読み   母音音素   発音   綴り

[1] 母音音素とは

右のアルファベット26字ですが、赤枠が母音字で、青枠が子音字になります。

赤枠の'a,e,i,o,u'を、ローマ字読みで発音すれば、'ア,エ,イ,オ,ウ'になりますが、 英語の場合、母音字の読み方は数多くあります。

母音とは音声のことで、母音音素とは「言語上使われる母音の最小単位」のことです。


日本語は「母音=母音音素」であり、発音は'ア・イ・ウ・エ・オ'の母音を1個を使い1音節で発音します。 母音音素の数は5つです。
対して英語は、母音=母音音素ではなく「母音字読みが母音音素」になり、発音は'1~3個の母音'を使い1音節で発音します。 母音音素の数は31で「音声と綴り」が備わっています。

注意点は、母音(20個)と母音音素(31通り)の混同です。
例えば 'fire(fĪR)[faiɚ] 火' の場合、[ a ] ・ [ i ] ・[ ɚ ] は母音で、ĪR[aiɚ]は母音音素です。

その母音字読みですが、'a,e,i,o,u' の1字を発音する母音字読みは、次の3通りがあります。
・母音字の音で発音する短母音
・アルファベット読みで発音する長母音
・弱く発音する弱母音


次に、'oo' や 'au' のような複数の母音字の場合、 'o, o' や 'a, u' と個別に捉えず、 'oo' や 'au' の2字を1単位として捉え、1音節で発音する「 複母音字読み 」があります。

それら4通りの母音字に ' r ' の文字が続く「 [ə]音を持った母音字読み 」がありますので、 「 4通り × 2([ə]音) 8通りの母音字読み 」で綴りを読み、計 31の母音音素 を導きます。

これらの母音音素は、「言語上使われる母音発声の最小単位」として1~3個の母音を使い 1音節で発音し、1~4字を1単位と捉え綴ります。



例えば 'fire(fĪR)[faiɚ] 火' の場合、日本語の母音音素は 'ア・イ・ウ・エ・オ'だけなので、「ファ・イ・アー」と3つの母音音素を使い3音節で発音します。

それに対し英語の場合、fĪR[aiɚ]という1つの母音音素で発音しますので、[fa・i・ɚ] の3音節でも、 [fa・iɚ] や [fai・ɚ] の2音節でもなく、(fĪR)[faiɚ]の1音節で発音します。
子音の [ f ] は、呼気なので音節とならず ĪR[aiɚ](母音音素)に連結して、(fĪR)[faiɚ]の1音節として発音します。



その母音音素ĪR[aiɚ]の特徴をまとめると、次の3つになります。


個々の[a],[i],[ɚ]は母音ですが、ĪR[aiɚ] は1つの母音音素なので1音節で発音します。
綴りの場合、'ire'を'i,r,e'と個別に捉えず、'ire'の3字を1単位と捉え、綴ります。
母音音素が母音発声上最小単位なので、母音でなく母音音素で意味を区別します。






これらを踏まえ母音音素の特徴を3つにまとめると、次のようになります。


発音:1~3個の母音を使い1音節で発音。
綴り:アルファベット24字の1~4字を、1単位と捉え綴る。
意味の区別:母音音素は母音発音上最小単位なので、母音でなく母音音素で意味を区別。


母音音素が持つ「発音、綴り、意味の区別」のうち、発音【聞・話】では、1~3個の母音を使い 1音節で発音し、綴り【読・書】では、1~4字を1単位と捉え綴ります。



トップ画面