動画説明

英語音素とフォニックス

音声
音声
解説
音声3要素
[1] 構え (縦軸) [2] 調音 (横軸) [3] 音量 (横軸:子音)
 子音   下唇・舌の位置  呼気 ・摩擦  声帯振動の無有
下唇 or 舌を、上部の調音器官に接触させ構える 呼気(通過 or 閉鎖)・摩擦(無 or 有) の組合せで調音 声帯振動の
無(無声音) or 有(有声音)
 母音   舌の位置  硬軟 ・長短  アクセントの有無
舌を前中後、上中下の9ヶ所のいずれかに位置し構える 舌筋(硬音 or 軟音)・音長(長音 or 短音) の組合せで調音 アクセントの
有(強母音) or 無(弱母音)



↓動画説明
子音
(24)
1) 破裂音 - - - - -
2) 摩擦音 - - -
3) 破裂音 - - - - -
4) 側音 - - - - -
5) 半母音 - - -
6) 鼻音 - - - - -

↓動画説明
母音
(20)
[1] 構え
(①~⑨)
下唇 (前) (中) (後)
[2] 調音 前舌 中舌 後舌
 (高) 高位 硬音
長音
硬音
短音
- -
軟音
短音
 (中) 中位 硬音
長音
硬音
短音
軟音
短音
 (下) 下位 硬音
長音
硬音
短音
軟音
短音

母音音素
 短母音  [1] 短母音
 [2] 短母音 + ɚ - - - -
 [5] 弱母音 (軟音) - - - -
 [6] 弱母音 (硬音) - - -
 長母音  [3] 長母音 -
 [4] 長母音 + ɚ
 [5] 弱母音 (軟音) - - - -
 [6] 弱母音 (硬音) - - - -

どの言語でも、正しく文字を読まないと4技能(聞・話・読・書)が困難になります。


1. 階層構造

英語の「音素から文章」を階層順に並べると、
「 (1) 音素 → (2) 音声・文字 → (3) 音節 → (4) 単語 → (5) 句 → (6) 単文 → (7) 文章 」
の7階層になります。 4技能との関係は次の通りです。

音声 文字
【聞】・【話】 【読】・【書】
 (1) 音素  子音音素母音音素(音声の連結)  子音音素母音音素(文字の連結)
 (2) 音声・文字  子音母音  子音字母音字
 (3) 音節  子音音素 + 母音音素 + 子音音素  子音字 + 母音字 + 子音字
 (4) 単語  音節 + 音節…  音節 + 音節…
 (5) 句  単語の音声 + 単語の音声…  単語の綴り + 単語の綴り…
 (6) 単文  句の音声 + 句の音声…  句の綴り + 句の綴り…
 (7) 文章  単文の音声 + 単文の音声…  単文の綴り + 単文の綴り…

2. 音素と4技能

英語の "音素" には「音声・文字」が備わっていますので、 音素を中心に「 音声 ↔  音素  ↔ 文字 」 の関係になります。
音素の4技能活用は次の通りです。

音声 文字
【聞】 【話】 【読】 【書】
( ※ 意味 ) (意味を理解) (意味) (意味を理解) (意味)
 (1) 音素  ③音素で認識。  ①音素に備わる  ③音素で認識。  ①音素に備わる
 (2) 音声・文字  ②音声を聞き  ②音声を使い、  ②文字を見て  ②文字を使い、
((3) 音節単位で)
 (4) 単語 単語の発音は、 単語を発音する。 単語の綴りは、 単語を綴る。
【聞】 単語の発音は、 (音節単位で) 音声を聞き 音素で認識する。
【話】 音素に備わる 音声を使い、 (音節単位で) 単語を発音する。
【読】 単語の綴りは、 (音節単位で) 文字を見て 音素で認識する。
【書】 音素に備わる 文字を使い、 (音節単位で) 単語を綴る。
※ フォニックスとは 「音声・文字」が備わった "音素" の学習です。

3. 英単語の記憶

英単語を覚える場合、
"音声"または"綴り"を通じて
【意味=音素】で結び付け、
フォニックスと同じく、「音素」から"音声(発音)"と"綴り"を導き、
【音素=音声(発音)】と【音素=綴り】を覚えます。
結果、音素による認識(聞・読)と表現(話・書)が容易になります。


例えば、 [(鉛筆)] を覚える場合、
"音声"または"綴り"を通じて
【[(意味)] = (pĔn・sŭl) (音素)】で結び付け、

「音素」から"音声"と"綴り"を導き、
【(pĔn・sŭl) (音素)] = [pénsəl] (音声)】と
【(pĔn・sŭl) (音素)] = pencil (綴り)】
を覚えます。

音声 文字
【聞】 【話】 【読】 【書】
( ※ 意味 ) [ (意味) ]
 (1) 音素  (  p  Ĕ  n  ・   s  ŭ  l  )  p  e  n  ・   c  i  l
 (2) 音声・文字 [ pén  ・  səl ] pen  ・  cil
((3) 音節単位で)
 (4) 単語 [ pénsəl ] pencil
 ※ (pĔn・sŭl)は音素記号、[pénsəl]は音声記号。
 ※ 青字は子音音素、赤字は母音音素。


4. 音素とは

子音は、日本語と同じく「子音音素=子音」です。

母音は、日本語の場合「母音音素=母音」なので、 'ア・イ・ウ・エ・オ'の母音中 1つのみ使用し、母音音素として 1音節で発音します。

対して英語は、母音音素=母音ではなく、20の母音の母音中 1~3個の母音を使用し、母音音素として 1音節で発音します。
母音音素は31あり、「音声と文字」が備わっています。
注意点は、母音(20個)と母音音素(31通り)の混同です。

例) 'fire(fĪR)[fáiɚ] 火'

・(f)[f]は子音音素(または子音)で、(ĪR)[áiɚ]は母音音素です。(→(1) 音素)

・[á]・[i]・[ɚ] は母音です。(→(2) 音声)

・(f)[f]は f の文字を、(ĪR)[áiɚ]は ire の文字を使い、 fire と綴ります。(→(2) 文字)

・子音の (f)[f]は呼気なので音節とならず、(ĪR)[áiɚ](母音音素)に連結します。(→(3) 音節)

・[fá・i・ɚ] の3音節、 または[fá・iɚ] や [fái・ɚ] の2音節でもなく、 (fĪR)[fáiɚ]の1音節で発音します。(→(3) 音節)




本サイトは、Kindle版「 英語音素とフォニックス 」の一部抜粋です。


皆様の音素習得の好機になれば幸いです。


スタッフ一同






English